« 戻る

学生さんにおすすめ!一人暮らしが楽しくなる節約術6つ

一人暮らしが楽しくなる節約術

進学をきっかけに一人暮らしを始める方は多いですよね。さまざまなことが初めての経験になると思いますが、その中の1つにお金の管理も含まれます。実家暮らしと異なり、お金の管理をしっかり行わないと、ときに生活上で困ることがあるかもしれません。そのため、日頃の節約は大切です。しかし、できれば日々の生活を楽しみながら上手に節約したいものです。

そこで今回は、一人暮らしが楽しくなる節約術をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【1】共同自炊で自宅パーティ

共同自炊食費カットは、節約初心者にもチャレンジしやすい方法です。特に自炊は、節約術の王道ではないでしょうか。

1人での食事を自炊で済ませるのはもちろんですが、友人や恋人と食事をするときも自炊をしてみると良いでしょう。外食をすればそれなりに掛かる食費も、自炊なら工夫次第で低コスト、かつ栄養バランスの良い料理を食べられます。さらに、一緒に食べる方と調理をすれば、楽しさも倍増!飲み会やパーティも外食だとお金が掛かりますが、自宅で自炊をすれば食費が安く済みますよ.

【2】閉店直前のスーパーで見切り品ゲット!

閉店直前のスーパー学校の課題やアルバイトにサークル活動と、学生生活は意外と忙しいもの。なかなか自炊をする余裕がない、という方におすすめの節約術があります。それは、閉店直前のスーパーを利用すること!

閉店直前のスーパーには、お買い得商品(見切り品)が並んでいることも。主に総菜がメインですが、肉や魚などの生鮮食品、デザートやパンなども価格が下がることがあります。

見切り品が出るタイミングはお店ごとに異なるため、小まめにお店に行ってチェックしましょう。見切り品を手に入れる節約方法は、自炊派の方にとっても、材料を安く買えるチャンスですよ。

【3】アルバイトはまかない料理が出る飲食店で

一人暮らしをしている学生さんの中には、アルバイトをしている方も多いでしょう。高額な給料のアルバイトに就ければ良いですが、平均的な仕事しか見つからないときは、まかない料理が出そうな飲食店を選ぶのがおすすめです。

まかない料理とは従業員用の食事のことで、無料もしくは格安で提供されます。まかない料理がなくても、従業員割引で通常メニューを食べられるお店もあります。

また、飲食店以外だと、コンビニやスーパーの中には消費期限切れの弁当や総菜などをアルバイトにくれるお店も。ただし、消費期限切れのため自己責任で食べることになります。

【4】コンビニで買い物をしない

一人暮らしに慣れていないうちは、ティッシュペーパーやボディソープなどの消耗品をつい切らし、慌ててコンビニに駆け込む……、といったことも。しかし、コンビニは商品を安売りしていないため、コンビニ限定商品や低価格路線のプライベートブランド商品以外は買わない方が賢明です。
基本的に、日常品はディスカウントショップやドラッグストア、スーパーなど安く販売されるお店か、ネットショップでまとめ買いするのがおすすめ。休日など時間があるときに、自分が住んでいる街を散歩しながら、安売りしているお店探しをすると楽しいですよ。

【5】学生の特権!「学生割引」を利用する

学生なら誰もが利用できる特権、学生割引。学生割引は、交通費から映画・観劇などのエンタメ系アミューズメントパーク、居酒屋などの飲食系、ヘアサロンやエステなどの美容系、最近では携帯電話の契約プランまで、実に多種多彩です。「節約しているけど、たまにはおいしいものが食べたい!」という場合など、学生の心強い味方になってくれるでしょう。

【6】無料スポットで遊ぶ

遊びにお金を掛けない節約術。それは無料スポットを利用することです。例えば東京なら、都庁の展望室や江戸川区自然動物園杉並アニメーションミュージアムなどが有名な無料スポット。国や地方公共団体が運営管理している所は充実している施設が多く、長時間楽しめます。利用者が少ない平日の昼間に行けるのも、学生の特権ですよ。

おわりに

一人暮らしが楽しくなる節約術、いかがでしたか?生活に慣れるまでは、試行錯誤を繰り返しながらお金を管理することになるかもしれません。しかし「いかにお金を掛けずに楽しく生活するか」という視点で節約をすると、意外とおもしろいものです。
ぜひ、学業に支障をきたさない程度に、楽しみながら節約生活を過ごしましょう。


アンケートモニターのオピニオンワールドについて詳しい情報は こちら

アンケートモニター謝礼について詳しい情報はこちら



« 戻る
Google

モニター登録はこちらから!

または、ここに詳細を記入してください
性別をお選びください
私は会員規約およびプライバシーポリシーに同意します。