« 戻る

料理方法をひと工夫するだけ!キッチンでできるガス代節約術

キッチンでできるガス代節約術 

オール電化の家庭でない限り、私たちの生活はガスなしでは成り立ちません。料理や入浴、暖房など、ガスは生活のさまざまなシーンで活躍してくれます。

ただし、ちょっと気になるのがガス代ですよね。特に冬はガスの使用量が増えるため、ガス代が思わぬ金額になって家計を圧迫してしまうこともあるのではないでしょうか。「ちょっとでもガス代を節約しなきゃ」と考える方もいることでしょう。
そこで今回は、キッチン周りでできるガス代の節約術をご紹介します。

【1】蓋や落とし蓋を活用する

鍋を火にかける際に蓋をする、煮込み料理の調理中に落とし蓋をするなど、蓋や落とし蓋を活用するだけでもガス代を節約できます。蓋や落とし蓋が加熱の効率を上げ、ガスを使用する時間を短縮してくれるためです。

【2】大きな鍋を使って効率良く調理

家庭では、大きさの異なる鍋をいくつか所有していることが多いと思います。節約を考えて鍋を使う場合、基本的には鍋底が大きな鍋で調理をした方が、効率良く加熱できるのでおすすめです。
また、鍋底の水を拭き取ってから火にかけると、さらにガス代を節約できます.

【3】火加減は中火、または鍋底から炎がはみ出さない程度

火加減調理方法に火加減の指定がない場合、ガスコンロは中火にセットして使いましょう。ガスコンロの炎が鍋底からはみ出ていると、その分は周りの空気を熱しているだけになり、余分なガスを消費してしまいます。そのため、ガスの使用時はなるべく鍋底から炎が出ない程度に調節しましょう。

【4】余熱や自然解凍を利用する

調理時に余熱を利用することも節約につながります。例えば、煮込み料理の仕上げ直前に火を消してみましょう。仕上げ直前なら具材にはすでに火が通ってある程度柔らかくなっているため、火を消しても余熱で十分加熱できます。
他にも、冷凍した材料を使うときは冷蔵庫や常温で解凍しておくと、余分なガスを使わずに済みます。

【5】電子レンジや電気ケトルを使う

電子レンジや電気ケトルを使う野菜を下茹でする場合、最初から鍋で茹でるのではなく、電子レンジで加熱する方が安く済みます。また、調理時間も短縮できて一石二鳥です。野菜を電子レンジで下茹でするときは、ラップで包むか耐熱容器に入れて加熱してください。シリコン製のスチーマーがある場合は、そちらを利用しても良いでしょう。

また、少量のお湯を沸かすなら電気ケトルがおすすめです。こちらも、ガス代より安く湯を沸かせるので節約できます。お湯は、使う分だけその都度沸かした方がコスト削減になります。


【6】なるべく同時に調理する

乾麺を茹でるついでに野菜を一緒に茹でる、肉や野菜を茹でた直後のお湯で茹で卵を作るなど、なるべく同時に調理するとガス代を節約できます
また、肉や野菜を茹でた後のダシが出た汁でスープを作るなど、不要に思えるものを再利用すれば、ガス代や時間の節約はもちろん、おいしい料理をもう1品作れますよ。

【7】炒め料理は節約の強い味方

ガス代節約に適している料理と言えば、炒め物。水を使わない料理なので火の通りが早く、ガス代を節約できるのです。また、少量の水で蒸す方法であれば、蒸し料理もガスをあまり使わずに済みます。
時間がかかる煮込み料理は、圧力鍋を使うことで調理時間を短縮し、ガス代を節約できます。保温鍋も最初の数分加熱し、その後は保温のみで調理をするため、同様の効果を期待できるでしょう。

【8】ガスコンロは定期的に掃除を

料理ではありませんが、ガスのバーナー部分の穴を掃除することもガス代節約になります。穴が汚れなどで詰まってしまうと熱効率が落ちるため、余分なガスを使うことになるのです。掃除をする際は、竹串などを穴に刺して汚れを取り除き、定期的にきれいにしておきましょう。

おわりに

料理をする際に少し工夫をするだけで、ガスの使用量を抑えられます。ガス代がかさみがちな冬は、今回ご紹介した節約術を積極的に活用して、ストレスのない節約生活を送りましょう!

アンケートモニターのオピニオンワールドについて詳しい情報は こちら

アンケートモニター謝礼について詳しい情報はこちら



« 戻る
Google

モニター登録はこちらから!

または、ここに詳細を記入してください
性別をお選びください
私は会員規約およびプライバシーポリシーに同意します。