« 戻る

自分の意見や経験が社会貢献に?個人で気軽にできる社会貢献活動


 個人で気軽にできる社会貢献活動
世の中には、「休日などの自由に使える時間を利用して何らかの形で社会貢献活動をしてみたい」と考えている方もいると思います。地域のボランティア活動から自宅でパソコンを使ってできるものまで、社会貢献の方法はさまざまです。
そこで今回は、個人で気軽にできる社会貢献活動についてご紹介します。

【1】近所のゴミ拾い

近所のゴミ拾いゴミ拾いのボランティア活動は、個人でも気軽にできる社会貢献活動です。地方自治体主催の活動もあれば、NPO法人主催の活動、スポーツ感覚で参加できるゴミ拾いのイベントもあります。

ただしグループでゴミ拾いを行う場合、活動する時間が決まっていたり、行動範囲があらかじめ決められていたりする場合も多いものです。
どうしても時間の都合がつかない、もしくはゴミ拾いをする場所が遠方、という方もいるでしょう。また、自分がゴミを拾いたい場所では、ゴミ拾いのイベントが開催されていないこともあります。

このような場合は、ぜひ個人でゴミ拾いの活動をしてみましょう. 例えば小さなレジ袋を持って出掛け、近所の散歩道のゴミを拾い集めるだけでも立派な社会貢献活動だといえます。少量のゴミであれば家で簡単に処理することもでき、周囲に迷惑を掛けることもありません。


ゴミ拾いを終えると、達成感や爽快感を得られます。ゴミ拾いは、ゴミを拾った場所だけでなく、自分の心を晴れやかにすることもできて一石二鳥といえそうですね。

【2】募金や不要品の寄付


募金や不要品の寄付自然災害の被災地支援や人道支援を行う非営利団体などは、活動を維持するために寄付を募っています。これらの支援団体に寄付することも社会貢献活動の1つです。
コンビニに設置している端末から支援したい団体を選んで募金できる他、スマートフォンを団体のポスターやチラシにかざすと募金できるアプリもあります。

また、家にある古着や電化製品・雑貨・人形・食器などの不用品の寄付も社会貢献につながります。
例えば押し入れの中で眠っている布団や毛布などは、たとえ古びていても、破れていたりひどく汚れていたりしなければ、海外途上国への物資支援に利用可能です。
また、いらなくなった衣料や小物を海外で安く輸出販売することで、世界の子ども達にワクチンを届けるという活動をしている団体もあります。

回収方法は元払いで各団体に送付することが一般的ですが、送付の際の注意点としては、洗濯したものであること、虫食いや伸び縮み、また色落ちや破れてしまっているものは送らないことなどが挙げられます。

「発送するのは面倒」という場合は、お店に持ち込まれた古着を海外に寄贈している衣料品メーカーを探し、寄付すると良いでしょう。

【3】アンケートモニターとしてアンケートに回答

簡単なアンケートへの回答も社会貢献活動になることをご存じでしょうか。
アンケートは、さまざまな企業や団体が新製品開発や新事業の企画・研究材料のために利用されるケースが多々あります。アンケートに回答することによって、自分の意見や経験を新製品開発や新事業の企画に反映させることができ、場合によってはその対価として報酬を得られます。

インターネット上のアンケートモニターサイトでは、アンケートに答えることでポイントが付与される仕組みになっています。ポイントは百貨店の商品券やECサイトギフト券などに交換できるので、もらったポイントを使って自分へのご褒美として好きなものを購入しても良いでしょう。また、もらったポイントを被災地支援や人道支援を行う非営利団体に寄付できるサイトもあります。

おわりに

気軽に始められる社会貢献活動についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?ボランティアというと、従来は現場に赴いて体を使い、汗を流して貢献するイメージがありますよね。
しかし、最近では不用品の寄付やパソコンを使ったアンケート回答など、お金も時間もほとんど使わずに、よりスマートな形で社会貢献する方法も生まれています。まずは、できることから社会貢献を始めてみてはいかがでしょうか。





アンケートモニターのオピニオンワールドについて詳しい情報は こちら

アンケートモニター謝礼について詳しい情報はこちら



« 戻る
Google

モニター登録はこちらから!

または、ここに詳細を記入してください
性別をお選びください
私は会員規約およびプライバシーポリシーに同意します。