« 戻る

企業が行う「マーケティング」とは?手法やアンケートとの関係をチェック

企業が行う「マーケティング」

主に一般ユーザーをターゲットにした「マーケティング」活動は、街頭やさまざまなメディアを通じたアンケートなどの手法で日常的に行われています。しかし、その調査から得られた結果をどのように生かしているのかまでご存じの方は、少ないかもしれません。

今回は、企業が行うマーケティング活動の意義や手法、活動の結果を生かす手段などについてご紹介します。私たちが普段何気なく回答しているアンケートも、製品や企業活動をより良くする可能性を持っていることを、この機会に知っておきましょう。

 

マーケティングとは?

マーケティングとは「マーケティング」とは、一言で言えば「顧客が本当に求めている商品・サービスを作り、より多くの顧客に提案することで広く購買してもらうための活動」を指します。

 例えば、有名な経営学者のピーター・ドラッカー氏は、「マーケティングの理想は、販売を不要にすることである」と述べています。確かに、売り手から「ぜひ買ってください」と頼まなくても、お客さまが「欲しい」と思ってくれるのが理想ですよね。広告宣伝活動や調査結果の反映など、さまざまな「商品づくりに顧客の声を取り入れ、作った商品を顧客にアピールし、知らせる活動」の全てについて「マーケティング」と呼ぶ、と考えると良いでしょう.

 マーケティングの第1歩は「市場調査(マーケティングリサーチ)」から始まります。例えば、商品を企画する際に「どういった要素を持たせれば人気が出るか」「販売方法をどのようにすれば売りやすく、買いやすいか」などについて、あらかじめアンケートで広く多くの意見を求めます。その結果を鑑みて、商品の性質や売り方などを検討しながら、より売れる商品作りへとつなげていきます。

商品を作って売り出した後も、マーケティング活動は終わりません。できるだけ多くの方の目に商品を触れさせ、存在を知ってもらわなければ、購買にはつながらないでしょう。そのために、「広告宣伝」や「情報発信」を行って、顧客への周知活動を行っていきます。

 マーケティングの目的は、先に述べたドラッカー氏の言葉のように「こちらから売り込まなくても、買ってもらえる商品を作ること」から、さらに「商品の印象を高めることで、企業そのものの在り方や良さを知ってもらい、多くの顧客が企業の味方となってくれること」までつなげられれば、最終的な目的を達成できたと言えるのではないでしょうか。

 

マーケティングにおけるアンケートの役割

マーケティングにおけるアンケートの役割マーケティング手法の1つである「マーケティングリサーチ(市場調査)」において、とても重要な役割を持っている活動に「アンケート」があります。街頭や店舗などで行われるアンケートをご覧になったことがあるかと思いますが、最近はインターネットを活用したアンケート活動が非常に増えています。

 

これらのアンケートは、ただ漫然と行われているわけではありません。普段なんとなく答えているアンケートも立派な「市場調査」の一環であり、1つ1つの意見が企業やその商品の方向性をより良くする力を持っています。企業が行うアンケート活動は、企業の今後を担う「マーケティング」であり、私たち消費者がそれらに回答することで、企業や商品をより良くするための協力を行っているのです。


アンケートの種類を知ろう

実はアンケートには、いくつかの種類があります。企業がマーケティングの一環として行うアンケートは、主に以下にご紹介したものです。

【1】定性調査

定性調査は、対象者本人に直接聞き取るときに行われる調査方法です。以下の2種類があります。

1.行動観察調査

特定の商品などについて、日常生活に即した回答を定期的に求める方法です。また、生活習慣や食べ物などについて定期的に尋ねるアンケート方法もあります。「モニタリング調査」とも呼ばれています。

2.インタビュー調査

数人を集めて一括で直接意見を聞く「グループインタビュー(座談会)」や、一対一でインタビューを行って一人一人の意見・感想を求める「デプスインタビュー」があります。

 

【2】定量調査

定量調査は、多人数を対象者に実施されるアンケート調査です。以下の7種類があります。

1.オンライン調査

インターネットで特定または不特定の対象者にアンケート回答を呼びかけ、感想や意見を求める方法です。

2.郵送調査・電話調査

電話や郵送で特定の対象者にアンケート回答を求める方法です。

3.街頭調査

街頭にいる歩行者に、その場でアンケート回答を求める方法です。

4.訪問調査

自宅や会社などを訪ねて行うアンケート調査。直接話を聞く「訪問面接調査」と、資料をあらかじめ渡して後日回答を回収する「訪問留置調査」の2種類があります。

5.来店客調査

特定の店舗への来店者を対象に、店頭で調査を行う方法です。

6.ホームユーステスト

一定期間、自宅などで商品の試作品などを試してもらい、使用した感想を尋ねる方法です。

7.セントラルロケーションテスト

通行人などを特設会場に誘導し、会場内でアンケート調査を行う方法です。

 

アンケートで集めた回答結果はどうなるの?

アンケートの種類前項でご紹介したような、さまざまな手法で行われるアンケートの結果は、どのような形で企業のマーケティングに生かされるのでしょうか?もちろんただ集めて、数多くの感想を見てそれで終わり、ではありません。多くの回答者から得たアンケート結果は集計され、その結果は適正な方法で分析され、一般消費者からの貴重な意見として商品開発やサービスの企画に役立てられます。つまり、より率直で建設的な回答が集まれば、企業の商品やサービス自体にとどまらず、販売方法や今後の開発プラン、ひいては経営体質の改良にまでつながる可能性があるのです。 

アンケートに消費者が積極的に参加するメリットは主に2つ。1つ目は「より良い商品が生まれ、それらを購入することで暮らしやすくなる」で、2つ目は「より良いサービスを利用できるようになり、生活が豊かになる」ことです。

また、アンケートを実施する企業にももちろんメリットがあり、「市場の意識をあらかじめ知り、商品やサービスの開発で失敗を防げる点」や、「消費者のリアルな意見をもとに、商品やサービスの効果的な売り方や流通経路を検討できる点」などが挙げられます。

インターネットを利用していると、たまに「アンケートにご協力ください」という内容のメッセージを目にすることがあるでしょう。また、インターネット上には「アンケートモニターサイト」もあります。これは、信頼できる企業のアンケートだけを、自社サイトに登録したユーザーに向けて協力依頼する専用サイトです。アンケートに協力すれば、謝礼などのメリットがあったり、本件の結果や登録者の嗜好(しこう)などに基づいてさらに興味深い別のアンケートを提供してくれたりします。ご自身の意見も企業の活動改善につなげられるとお考えになり、積極的にご回答してみてはいかがでしょうか?

 

おわりに

今回は、企業のマーケティングの意義や仕組み、またその一環として行われているアンケート活動について詳しくご紹介しました。

さまざまなアンケートの回答結果がどのように活用されているか、ご存じなかった方もいたかもしれません。ご紹介したように、弊社でもアンケートを通じて皆さまからいただいた貴重なご意見は、さまざまな企業さまの商品やサービスの改善、企画・開発にきちんと生かされています。

インターネットで簡単に登録して参加できる「アンケートモニターサイト」は、アンケート回答でショッピングポイントに交換できるポイントをためられるなど、謝礼も用意されています。まだアンケートモニターとしてご登録されていない方は、ぜひこの機会にご利用ください。



アンケートモニターのオピニオンワールドについて詳しい情報は こちら

アンケートモニター謝礼について詳しい情報はこちら



« 戻る
Google

モニター登録はこちらから!

または、ここに詳細を記入してください
性別をお選びください
私は会員規約およびプライバシーポリシーに同意します。