« 戻る

無駄に使っていませんか?パソコンの電気代&スマホの充電代節約術

 パソコンの電気代&スマホの充電代

今や日常生活に欠かせないパソコンやスマホ。パソコンやスマホは日頃から頻繁に使用するため、電気代や充電代が気になる方も多いでしょう。そこで今回は、パソコンやスマホの消費電力の基本と節約術をご紹介します。

パソコンの電気代

ノートパソコンとデスクトップパソコンでは電気代が違います。デスクトップパソコンはパソコン本体とディスプレイで消費電力が発生しますが、ノートパソコンはモニターと一体であるため、デスクトップパソコンよりも電気代が安く済むのです。
また、ゲームを快適に楽しむためのゲームPC(ゲーミングPC)など、ハイスペックなパソコンは消費電力が高く、その分電気代も掛かります。

1時間当たりの電気代は通常のノートパソコンで約1円、デスクトップで約3円。また、一番電気代が掛かるのはパソコン起動時であり、ノートパソコンを起動する際には約3円掛かることも併せて覚えておくと良いでしょう。

なお、スマホを1回充電する際に掛かる電気代は1時間当たり約0.2~0.3円です。ちなみに、他の電化製品の電気代(1時間当たり)は、例えば32型のテレビであれば約2円、6畳用のエアコンであれば約10円です。

パソコンの電気代を節約する方法

パソコンの電気代を節約それでは、パソコンを使用する際に心掛けたい、パソコンの電気代を節約するための方法を見ていきましょう。

【方法1】席を外すときはスリープモードに

パソコンの使用を終えるたびにシャットダウンしていませんか?パソコンは起動時の消費電力が大きいため、短時間席を外すときはシャットダウンせずにスリープモードにしましょう。その方が電気代の節約になります。
スリープモードにするかどうかの境目は、1時間半の間に再度パソコンを使用するかどうかです。1時間半以上使用しない場合は電源を切ることを心掛けましょう。

【方法2】バックライトの明るさを調整

パソコンはディスプレイが明るいほど消費電力が大きくなります。そのため、画像や動画の処理が必要なとき以外は、できるだけバックライトの明るさを抑えて電気代を節約しましょう。
また、CD/DVDドライブやディスプレイといったデバイスの消費電力を節約できる「省エネ機能」を備えたパソコンをお使いの方は、省エネ機能を試してみることをおすすめします。

【方法3】不要なプログラムやファイル、履歴はこまめに削除

大きなサイズのプログラムやファイルはハードディスクの容量を圧迫してパソコンに負荷を掛けてしまいます。「ディスククリーンアップ」などを利用して、不要なプログラムやファイル、履歴をこまめに削除しましょう。

リチウム電池を長持ちさせてスマホの充電代を節約!

スマホの充電代を節約スマホには充電式のリチウム電池が内蔵されている製品が多く、一般的には500回充電すると容量が半分になるといわれています。
それでは、リチウム電池の劣化を抑えるためにはどうすれば良いのでしょうか?

リチウム電池が劣化する主な原因は、「過放電」(電池残量がゼロになるまで使い、放置する)と「過充電」(満充電の状態でさらに充電する)の2つです。

そこで、以下の使用方法をおすすめします。

・電池残量10%くらいになるまで使用する
・充電するときは電池残量90%程度にとどめる
・充電ケーブルを機器に付けたままにせず、充電を終えたらすぐにケーブルを抜く

これで過放電や過充電を減らすことができるため、スマホの充電代を節約しつつ、リチウム電池の劣化を遅らせることができるでしょう。

おわりに

パソコンの電気代やスマホの充電に掛かる電気代は、他の電化製品と比較すれば安いものです。しかし、「チリも積もれば山となる」ということわざがあるように、無駄な電気の使い方を見直してコツコツと節約に励めば、いずれ大きな額になります。
パソコンやスマホの無駄使いを減らし、その分仕事やネット副業(アンケートモニターなど)など、有意義な使い方をしてお金を貯めましょう。

  

アンケートモニターのオピニオンワールドについて詳しい情報は こちら

アンケートモニター謝礼について詳しい情報はこちら



« 戻る
Google

モニター登録はこちらから!

または、ここに詳細を記入してください
性別をお選びください
私は会員規約およびプライバシーポリシーに同意します。