« 戻る

一人暮らし向け!ご飯に豆腐、うどんなどを使った節約ズボラ飯

一人暮らし向けの節約ズボラ飯

一人暮らしをしているとさまざまな費用が掛かります。生活費の中でも、特に食費はできる限り抑えたいですよね。食費を抑えたい場合、なるべく外食を避け自炊するよう心掛けましょう。しかし、仕事疲れで自炊する気力が湧かないときもあるかもしれません。

そこで今回は、食費を節約する4つのコツと、調理時間わずか数分で終了の節約ズボラ飯をご紹介します。

食費を節約するコツ

一人暮らし中の食費を最低限に抑えるコツは、外食を控え自炊することでしょう。その他、食費の節約方法を4つご紹介します。

1.スーパーの特売日を活用する

スーパーの特売日などを活用すると、豆腐やうどんといった食材をより安く仕入れることができるのでおすすめです。日頃から安い食材を手に入れられるように、複数の店舗で価格を比較し、安くなる日を把握しておくと良いでしょう。

2.コンビニにはなるべく立ち寄らない

コンビニは非常に便利ですが、コストパフォーマンスを考えるとあまり多用することはおすすめできません。できる限り安売りしている店舗でまとめて購入した方が食費は安くつきます.

3.本当に欲しいものだけ購入する

スーパーなどで商品を物色しているとつい買いすぎてしまうため、買うものはあらかじめメモしておき、必要以上に出費しないよう注意しましょう。特に価格も安く手を伸ばしやすいお菓子や飲み物は、頻繁に購入していると出費額がどんどん膨らみます。そのため月々の食費に上限を設け、限度額内でやりくりできるよう普段から意識しましょう。

4.食材は食べ切れる分だけ購入する

安くなっているからといって、食べ切れない量の食材を買っても意味がありません。むしろお金の無駄になってしまいます。食材は必ず食べ切ることのできる分だけ購入しましょう。

うどんを使ったズボラ飯レシピ

うどんを使ったズボラ飯うどんは、一人暮らしの食事を支える強い味方です。スーパーでも1袋100円程度で販売されていることが多く、まとめ買いにも最適な食材と言えるでしょう。そんなうどんを使ったズボラ飯の代表が「かま玉うどん」です。

1.うどんを茹でる
2.茹でたうどんを器に盛り、刻んだネギと生卵をトッピング
3.お好みで麺つゆを加えて味を調える


たったこれだけで完成です。使用する食器が少ないため、水道代の節約にもなり一石二鳥のズボラ飯です。

また、レトルトカレーを使うと簡単にできるのが「カレーうどん」です。うどんを茹で、レトルトカレーをレンジで温めて両方を混ぜ合わせるだけで完成します。レトルトのカレーを使っているため、ズボラレシピの中でもかなり早くできあがります。

そして、もう1つ手軽なレシピが「焼きうどん」です。フライパンで肉や野菜を炒めたあと、水でほぐしたうどんをフライパンへ入れて甘口のタレやソースにからめ器に盛り、かつお節をまぶせば完成です。

豆腐とご飯を使ったズボラ飯レシピ

豆腐とご飯を使ったズボラ飯豆腐の良いところは、タンパク質が豊富でカロリーが低いところです。また安いスーパーでは1パック30円ほどで購入できるため、節約面でも大活躍してくれそうですよね。豆腐を使ったズボラ飯の中で最も人気なのが「豆腐丼」。余ったご飯も無駄にしない、おすすめのメニューです。

1.豆腐を粗くつぶし、麺つゆやしょうゆで味付けする
2.味付けした豆腐にネギや海苔をトッピング
3.最後に七味やゴマ油で味を調え、ご飯に盛る


以上で完成です。調理時間が数分程度のため、忙しくて料理する気力が沸かないけどしっかり食べたい、というときにおすすめです。また、食材に余裕があれば、半熟卵やキムチ、明太子などを添えると彩りも良く食欲もそそられますよ。

おわりに

一人暮らしをしていると、仕事や私生活など、意外とやらなければならないことが多く食事がおろそかになりがちです。しかしそんなときにこそ、安くて時短にもなる簡単ズボラ飯を作りましょう。おいしくて安い簡単ズボラ飯レシピを自分で考えるのも楽しそうですね。ぜひいろいろなレシピを考えて、ズボラ飯のレパートリーを増やしましょう。


アンケートモニターのオピニオンワールドについて詳しい情報は こちら

アンケートモニター謝礼について詳しい情報はこちら



« 戻る
Google

モニター登録はこちらから!

または、ここに詳細を記入してください
性別をお選びください
私は会員規約およびプライバシーポリシーに同意します。